無駄毛を脱毛エステで

無駄毛を脱毛エステで

女性ならば、ほとんどの人がそれに時間を費やしているであろうことがあります。それはというと、【無駄毛の処理】です。大人になればなるほど無駄毛処理が億劫になってきて、脱毛したいわー、なんて思ったりしますよね。思春期あたりになると、誰からかそういう話になるものですよね。わたしもそんな一人、特に無駄毛を気にしているタイプではなかったんだけど、周りに流されて無駄毛処理を始めたクチです。「○○ちゃん、無駄毛そってないのー?みんなお風呂でやってるみたいだよ!毛が生えてると恥ずかしいからってことみたい。」その言葉を聞いたわたしは衝撃が走りました。毛が生えてるって、恥ずかしいことなんだ…?髪の毛はいいのに、足や腕の毛は恥ずかしいのか…。でも当時はなんとなく、友達がやっていることならわたしもやってみよう、やらなくちゃ、という思いの方が強くて、みんなやってるっていうから、と母親にカミソリを買ってもらったことを覚えています。母親からすれば中学生なんてそんな無駄毛ほっといてもいいでしょう、という風に思っていたのか、あんまりいい顔をしていなかった記憶があります。それでも思春期といえば多感な時期ですから、わたしも引き下がらずにカミソリを買ってもらったものでした。それからというもの、毎日お風呂の時間になると、カミソリでショリショリと無駄毛を剃ることが日課になりました。それに伴ってお風呂の時間が長くなり、湯冷めをすることもしばしば。体が冷えて、その反動で長く湯につかり、逆にのぼせるなんていうことも(笑)今考えれば、非常に素直な子供だったんだな、と思います。しかしそうした自己処理も、どんどん面倒になってきました。やりすぎて、肌あれも起こすようになったのです。ワキなんかは黒ずんでしまったりして、なんだかいい事がないように思えたのです。そうこうしているうちに、一時の無駄毛処理ブームが去ったのか、周りのみんなも自己処理がどうとか無駄毛がどうとかという話をしなくなったので、肌が荒れてきたこともあって、わたしも自己処理をいったん中止することにしたのです。それ以降は、肌の露出があるときだけでいい。夏場だけ綺麗にしてたら恥ずかしくないだろうし。そういう感じでそつなく中学を卒業し、そつなく高校を卒業しました。冬場は無駄毛処理はさぼり、夏場の露出がある時だけ、カミソリで処理する。そうすることで、なんとなくわたしの無駄毛事情は保たれていました。そうして大学生になったわたしに、彼氏ができました。それはクリスマスの近い冬の日でした。もちろんカップルともなればクリスマスは一大イベントです。それまで彼氏がおらず青春は友達としか過ごさなかったわたしにとっては、一大事どころではなく、のっぴきならない大事件。もちろん付き合いたてのわたしたちは、クリスマスを一緒に過ごすことを約束しました。そうして迎えたクリスマス。プレゼントを用意し、前日から服はなにを着ようか、なんて必死に考えたりしました。曲がりなりにも女の子です、浮かれていました、嬉しくて楽しくて。そうして、ディナーを終えてプレゼントを交換して、彼が一言行ったのです。「今日は、まだいいでしょう?」夜も更けていたその瞬間のその言葉が意味することはただ一つです。断る理由もないので、わたしもうなずきました。店を出て、手を繋いで、にぎやかな街の中へ足を向ける…と、思い出したことがあったのです。今、季節は冬。……、無駄毛、生え放題だ…、と。つないだ手が震えました。どうしょう、脱いだら最後だ。でも断ってしまったら彼に振られるかもしれない…そんなピンチを切り抜けるために、家に忘れ物をしたことにしていったん帰宅しました。家が近かったのが不幸中の幸いです。そのまま自宅で全裸になり、目立つ部分の無駄毛をかたっぱしから剃っていきました。もちろん肌に何もつけずにそのまま直にカミソリをあてましたから、お肌にはよくなかったことでしょう。しかし背に腹はかえられないのです。そうこうしてキレイに無駄毛を処理したわたしは、無事彼とのクリスマスを終えることができたのですが、生きた心地がしなかったです。毛が生えていることが恥ずかしい、その言葉が根強く生きていたのか、直前で処理をしていないことに気付けたことがまさに九死に一生。そこでわたしは決意しました。脱毛サロンに通おう、と…。そうすると肌を傷つけることなくキレイになれると思ったからです。さすがにわたしも無駄毛のことで彼に嫌われたらトラウマになります。トラウマになりそうな出来事ならすでに起こりましたが(笑)脱毛エステに通うことを意識した理由こそとんでもないものだったのですが、通い始めたらいい事がいっぱいです。まず、脱毛は時間がかかることですが、それを見越して通えば難しい事はありません。最近では価格も非常にリーズナブルですし、大学生の自分にもバイトのお金で十分ことたります。コースのセットが難しければ月額で支払えるサロンもあるのでそういう選び方をすると賢くかよえます。数回通っただけでも、毛質の変化を感じられて、この先を楽しみすることもできています。もちろんあれ以来、冬夏問わずキレイにするようにはしていますが、脱毛はキレイへの近道だと思うので、つるつるのお肌になって自信を持ちたいです。エピレ最安値申し込みの極意からなら、お得に脱毛が可能ですので是非とも参考にしてみてくださいね。

無駄毛を脱毛エステでエントリー一覧